船舶免許1級&2級を取得するならダイイチ・ボートライセンススクールへ


2019年09月28日

Bluetoothスピーカー

22D090B3-D7BD-431A-AF68-CA5D75DF5B09.jpeg
7月ご紹介のBluetoothスピーカー
『ECOXGEARスピーカー』
http://service-center.sblo.jp/s/article/186329545.html
皆さんスマホなどに入っている
ミュージック♪
Bluetooth(無線)で通信すると
このスピーカーから音楽が流れます。

手軽にどんな場所でも、
一人の時でも、グループの時でも、
メロディ音が空間を包んでくれますね。メロディ

ようやく現物確認できました。
204CA2C5-5A14-42A3-BD85-8B4E2015AB85.jpeg 7FDB62EC-E17E-4B09-AB3C-D7A6298FEC13.jpeg
◆前面のスピーカーと
背面にサブウーハー付きの
15Wスピーカー

◆電源はもちろんバッテリーで15時間以上のプレイタイム(使用条件にた異なります。)

◆IP67耐水、耐衝撃性で水に浮きます。

◆スマホの着信との通話機能やSiriやGoogleボイスアシスタント機能

◆サイズは140×140×60の 500g

◆無線に関する技術適合承認済み

類似品もたくさんあるとは思いますが海水に近いシーンで使用する前提で開発されているのが大きな特徴なのと、
5DD8C4A8-F728-482B-9CF7-A8FE70C6B68A.jpeg
y'sが扱う取付汎用架台が使えるようになっているので、それらを使ってボートやヨット、防水なのでマリンジェットやカヤックなどにも固定取付、容易に脱着も可能になります。

実際音を鳴らしてみましたが、
簡単にBluetoothもつながり、
音量もなかなかの迫力でしたよ。

スピーカーダブルでも使えるとの事でさらに迫力が増し音色も良くなるのではないでしょうか。

いろんな所で使えるし
自分も買おっかな〜〜

定価は、税別\25,000
現時点では予約受付中となってます。
posted by service at 17:50| Comment(0) | スタッフ日記

2019年09月24日

チーク加工

デッキのチーク仕上げは面積も広く材料、工事とも贅沢な感じですが
1E6540F5-BE78-42E4-A193-6CEB9E26ADCB.jpeg

トランサムやバウスプリットなどワンポイントはお洒落でオリジナリティが出ますよね。774027CD-86ED-4D66-9648-A62D4A8D5768.jpeg

ご覧のように細いチーク材を組み合わせて、
専用の接着シール材を使い、
ひたすら面を出す研磨をしていくのです。
DB0B886C-AD75-4F0F-86B5-CDADBD6803D4.jpeg

これは正真正銘のチーク材ですが、
最近はチーク風なものもたくさんありますね。

プリント風なものもあればかなり本物に近いものもありますね人差し指サイン
posted by service at 20:23| Comment(0) | スタッフ日記

2019年09月23日

YFR-24

5B0B9EE7-86D5-4216-9D72-0A694F36ECC5.jpeg
YFR-24 新艇入荷しました。クラッカー

2D4A8D34-9619-477C-B5F3-7A217BF129EE.jpeg

最近品薄状態になりがちなYFRシリーズ平謝り‍♂️

河芸マリーナ入荷しました〜〜(^^)

数日後名古屋の海蔵へ展示移動の予定です。

メーター周りはCL7に
アフタステーションのFSRついてます。

F37FA0A4-5C61-4A57-8E69-BE8C6A680B2E.jpeg 2DEBEC04-F4BE-4299-93A4-2A65AC6002A3.jpeg
今のところ商談入ってございません。

メーター周りのCL7
簡単に申しますと、
船外機のタコメーターや水温計やらのエンジンから情報 プラス 航海計器を拡張できる表示パネル、あらゆる航海に関する情報をネットワークして情報を集約して表示させましょう!
の一部人差し指サイン
こんな表現よく分からない気もするのですが…

とにかく情報処理で
いろんな事が出来るんです。

ネットワークに関する艤装については
結構な検証もおかげさまでさせていただいてますよーおやゆびサイン
posted by service at 19:56| Comment(0) | スタッフ日記

2019年09月21日

船外機の冷却通路

船外機の冷却は、
海水を組み上げて循環させ、
排気とともに排水される直接冷却

分かりやすい資料がありました〜^_^
151566AA-FEEC-448D-8ED3-D5E52FAFEBE5.jpeg
最新の25馬力ですが、
機種ごとに多少違いはあるものの
大体同様です。

当機種の特徴は、
ドライブシャフトブッシングへ
排水しているところ、
おそらく回転摩擦音の低減や
摩擦熱による塩の結晶化による
ブッシング膨張防止の低減ではないかな?
あくまでも勝手な想像です。

それにしても鉄の塊であるエンジン、100度近くまで達して熱膨張する金属を大敵である海水で冷却させて、塩分を含んだ吸気で疾走させてるって凄くないですか︎

それだけに、確実なセッティングを行わないと性能も出ず、間違ったセットアップにより耐久性を著しく下げることもあります。


今や425馬力までラインナップを揃えるヤマハは過去のノウハウが詰まっているのですね。

posted by service at 22:09| Comment(0) | スタッフ日記

2019年09月07日

ハッチのアクリル

IMG_2213.jpg
こちらエアーインテークハッチ、
アクリル部分のみをカットしていただき交換しました。わーい(嬉しい顔)


最初から船に取付けられていたり、オプションで取り付けられたハッチ、
大方海外製品で、残念ながらパーツ入手は不可能に近いのです。バッド(下向き矢印)

IMG_2217.jpg
古くなると割れたり、
写真のように表面が紫外線劣化により細かいクラックなどでくすんできますよね。
状況によっては雨漏れも発生してきます。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2214.jpg
しかし、職人さんとのコラボでアクリル部分のみの交換も可能です。

色や厚みなども選択できます。手(チョキ)
アクリルの規格サイズの材料代、カット代、型取りや交換代などが必要ですが、
それでも類似品での交換やその為に発生する加工代の事を考えるとお得になるケースが多いです。


posted by service at 17:41| Comment(0) | スタッフ日記